栗駒山 大吟醸 斗びんどり(桐箱入り) 1800ml

  • クリックで画像を表示

大吟醸 栗駒山 斗びん取り (桐箱入り) 1,800ml

◆納品日のお願い
この「大吟醸 栗駒山 斗びん取り(桐箱入り)1,800m」は蔵元で品質管理の為、低温冷蔵保存しておりますので、ご注文日から2~3日のご猶予をお願い致します

◆お陰様で平成29酒造年度全国新酒鑑評会において「金賞受賞」致し「受賞蔵」となりました。
平成30年5月17日(木曜日)独立行政法人酒類総合研究所発表 

心を奪う"希少"なお酒・・
栗駒山の柔らかい水がソフトな酒を生む・・大自然の味わい・・

◆自然豊かな栗駒山を仰ぐ山紫水明の地、栗原市栗駒。町の中央には三迫川が流れ、その伏流水に恵まれて、大正9年の創業。

◆成分表
● 酒造米:山田錦
● 精米歩合:40%
● 日本酒度:+2~+4(ややからくち)
■ 当酒蔵の最高芸術品。高い吟醸香と淡麗にしてふくよかな味。
■ 10度ぐらいに冷やして

斗びん取りとは

数ある日本酒の中でも、特に"希少"なお酒なんです。

日本酒は、米・米麹・水を酵母によって発酵させて造ります。こうしてできあがったものを醪(もろみ)と呼ぶのですが、この醪を"搾る"ことで液状部分と固形成分に分けると、日本酒ができあがります。

そして、醪を搾って抽出するお酒を「斗瓶(とびん)」と呼ばれる容器で少しずつ集める方法のことを「斗瓶取り」といいます。


斗瓶取りは一般的に、「酒袋」という大きな布袋に醪をいれ、それを吊るすことで、外圧ではなく醪そのものの重みによって自然と滴り落ちるお酒を集める際に用いられます。この方法でとれるお酒は少量のため、高級酒などに用いられることが多いです。


斗びん取りの味わいは・・

斗瓶取りは"醪の自重"でお酒をじっくり搾るため、余分な成分が押し出されることなく、華やかな香りや繊細な味わいになります。

  さらに、斗瓶取りのメリットは、良質な味や香りだけではありません。ひとつの斗瓶に入るお酒の量が限られているため、斗瓶ごとに少しずつ異なる酒質となります。

 つまり、そもそも良質なお酒ができる斗瓶取りの中でも特に美味しいところだけを取り分け、商品化することができるのです。こうして選りすぐったお酒が、鑑評会などに出品されることが多いようです。

        資料 酒の知識より引用


醸造元 宮城県栗原市栗駒岩ケ崎 千田酒造株式会社
「栗駒山の水と宮城の米。決して飾らず、決して驕らず。与えられた恵みと蔵の特色を十分に膨らませながら、人生に潤いを与える酒を造っていきたい」と蔵元
10,800円
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索